ホーム 院内紹介

院内紹介

フロアマップ

ルーム紹介

受付

待合室

広い待ち合いでバリアフリーとなっておりベビーカーや車いすの方の移動も可能です。

視力検査室

電子カルテと最新の検査器械の連動により迅速で正確な診断を提供します。

診察室

手術室

クラス10000のクリーンルームにて感染のリスクの少ない手術を提供します。

リカバリー室

術後の患者さんにゆっくりくつろいで休んでいただくお部屋です。

設備紹介

光学式眼軸長測定装置
OA-2000

白内障手術時の眼内レンズの決定には欠かせない眼の長さや角膜のカーブの度合いを測定する器械です。当院では2種類の器械を用いて眼軸長を測定する事によって、誤差を最小限にしております。

光干渉断層計
ZEISS社製OCT3000

眼底疾患、特に視力に影響を及ぼす黄斑部の断層像を正確に測定し、すぐに見ることができます。眼底疾患の早期診断や経過観察に役立ちます。

YAG・SLTレーザー
(ELLEX TANGO)

後発白内障の際に用いるYAGレーザーに加え、緑内障の際にはSLTレーザーを用いることにより通常のレーザーより比較的安全に眼圧を下げることが可能です。

マルチカラーレーザー
(NIDEK MC-500Y)

糖尿病や網膜裂孔などの眼底疾患や緑内障などの治療に用います。

屈折、角膜曲率、眼圧測定装置
(NIDEK TONOREFⅡ)

近視、遠視、乱視の度や眼圧という眼の硬さを測定する器械です。

角膜内皮測定装置
(TOMEY EM-3000)

黒目の内側の細胞数を測定する器械です。白内障手術前後には欠かせない検査です。

スペースセイビングチャート
(NIDEK SSC-350)

視力測定に用います。

液晶視力表(NIDEK SC-2000)

液晶画面による視力計です。

細隙燈顕微鏡
(rodenstock RO-5000)

眼の詳細な病変を見るために用いる顕微鏡です。ほとんどすべての患者さんはこの顕微鏡を用いて診察を行います。

超音波診断装置
(TOMEY UD-6000)

眼底の詳細がわからない患者さんの眼底の状況を把握するために行うエコー検査です。また眼の長さも測定でき白内障手術時の眼内レンズの決定に欠かせない器械です。

自動視野計(ZEISS HFAⅡ 745)

視野(見える範囲)を測定する器械です。緑内障の早期発見、診断や経過観察に有効です。 当院では特殊な背景色での視野検査が可能であり従来の視野検査よりも数年早く緑内障の視野変化が検出可能と言われています。

レーザーフレアメーター
(KOWA FM-500)

術後などの眼内炎症の程度を測定する器械です。

ヘスチャート

眼球運動障害の程度を測定する器械です。モノが2個に見える症状のサインを用いる検査です。

網膜電図計(TOMEY LE100)

眼球の奥にある網膜の機能を調べるための機械で網膜色素変性症を診断したり白内障が強く眼底が見にくい場合に行う検査です。

散瞳、無散瞳FA一体型眼底カメラ
(CANON CX-1)

眼底を記録したり、また、糖尿病網膜症などの眼底疾患を精査するために造影剤を用いた検査を行う際にも用います。

白内障手術装置

当院では最新の手術装置を用い安全な手術を心がけています。

高濃度オゾン水生成装置
(日科ミクロン ODE-505B)

当院ではほとんどすべての細菌やウィルスが10秒以内で殺菌されるオゾン水を用いて手術前の洗眼や手洗いや消毒を行っており感染には最大限の配慮をしており ます。

滅菌器

当院では高圧蒸気滅菌器、EOGガス滅菌器、高速蒸気滅菌器の3種類を用い器械の洗浄、滅菌を行っており感染には十分な配慮をしております。

お問合せはこちらから

コンテンツ

  • スタッフについて
  • めの病気について

アクセス

さいとう眼科医院

住所   〒418-0026
      静岡県富士宮市西小泉町30-3
TEL   0544-28-5615
FAX   0544-28-5616